タイムカードは勤怠管理システムへと進化する

紙のタイムカードとタイムレコーダーを使った勤怠の管理は、これまで多くの企業で採用され、企業内の勤怠管理、給与計算にとって必須と言えるものでした。

現在でも紙のタイムカードを使用している企業は多くあります。

しかし近年、この形の勤怠管理は新しいものへと置き換わろうとしています。そう、紙のカードに代わって登場してきているのは、クラウド型の勤怠管理システムです。旧来のタイムカードは打刻の簡単さと分かりやすさが最大のメリットでした。

しかし、紙に打刻された時刻から労働時間を計算し、給与を算出するのは非常に手間の掛かる業務でもありました。

特に拠点が全国各地にある場合、各拠点からカードを集める手間も必要になり、回収後の保管場所にも困るものでもありました。しかし、クラウド型の勤怠管理システムではこれらの問題点を解決しています。全国どこに拠点があってもインターネット経由で即座に打刻時間が収集できますし、労働時間の計算なども自動で行ってくれます。

まさに、これまでのタイムカードのデメリットをカバーし、進化させたシステムというわけです。また、労働時間の把握という意味でもメリットがあります。

紙に打刻された情報はその紙を見るか集計後でないと把握できませんが、クラウド型のシステムならいつでも、どこでも、インターネットにさえつながっていれば労働時間をチェックすることができます。

最近は過重労働をさせる企業がかなり社会的に批判されているので、事前に過重労働を防ぐという意味でこれは大きなことだと言えるでしょう。

これまでのタイムカードの問題点を解消し、より進化したクラウド型勤怠管理システムは、時代のニーズを受けてこれからも普及していくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です