知って得するタイムカードの話

タイムカードは、主に社員の勤務時間を記録し、労働に見合った賃金を計算する目的で使われます。

これまで主流だったのは、社員それぞれに紙で出来たタイムカードが支給され、出勤時と退勤時に専用の機械を通すことで時刻を記録するというアナログなものでした。

しかし近年ではクラウドやICカードを利用した勤務時間の管理も増えています。その理由はやはり『タイムカードに比べて勤務時間の管理が楽である』ということでしょう。

紙のタイムカードに打刻するタイプのものは、社員が打ち間違えたりすると修正にも一苦労でしたが、それらをデジタルのデータとして管理することで、修正や時間の集計をよりスムーズかつ効率的に出来るようになります。このように書くと、紙に打刻するタイプのものにいい点がないように見えてしまいますが、そんなことはありません。

例えば修正が難しい、というのは裏を返せば不正がしづらいということです。

管理は大変ですが、不正の可能性が低く安全だと言えるでしょう。また紙に打刻するタイプのものは専用の機械と用紙があればいいので、ICカード等を利用した管理システムに比べると比較的安価で簡単に導入できるのも利点の一つです。

また、新入社員が入ったときにタイムカードを新しく作るのが簡単なのも大きな特徴です。そのため、大手チェーン店のアルバイトの勤務時間管理の多くがこの紙に打刻するタイプで賄われています。まとめると、アルバイトを使う現場では紙に打刻するタイプが、オフィスを利用するような社員数の多い企業ではICカードタイプが適しているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です