クラウド型の勤怠管理システムのメリット

近年、従来の打刻機に変わり勤怠管理のシステム化が進んでいます。

この管理システムには、業者の提供するサービスをインターネット経由で利用するクラウド型と自社にサーバーなどでシステム環境を構築して管理を行うオンピレミス型があります。

最近は勤怠管理に前者のクラウド型の勤怠管理システムを導入する事例が増えています。

それは、クラウド型の勤怠管理システムに従来のオンピレミス型よりもメリットが多いからです。オンピレミス型に比べてると導入コストがかからない、コストが安い、導入が早い、拡張性が高い、スマホなどの外部端末からアクセスがしやすいなどのメリットがあります。

クラウド型は、自社に勤怠システムを構築する必要が無いので、導入コストが掛かりません。
また、月額制の場合がほとんどで、大抵の場合は1ユーザーの利用料金が数百円から数千円程度で利用が可能です。導入方法は、提供している業者に会員登録をするだけですむので、登録したその日から利用が可能になります。ストレージの追加が必要になった場合でも、課金をするだけでストレージの追加が簡単にできます。

た、利用にはオンラインの環境があればいいので、スマホなどを使用して外出先からも打刻ができるようになります。

ですが、こちらにはデメリットも存在しています。インターネット環境で利用をするためにセキュリティに若干の不安を残します。また、1ユーザーの課金制のため従業員数の多い企業では、オンピレミス型よりもコストのかかることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です