ココがすごい!水漏れ修理業者
2020年12月15日

早めにトイレ交換することで安上がりになることも

トイレの寿命としては10年程度といわれています。使用頻度や使い方などにもよりますが、10年以上経過することで様々な箇所で水漏れや故障などが起きやすくなります。この水漏れなどでもほんの少しだからといって放置したことでトイレの部屋全体のリフォームが必要になるケースもあります。水漏れなどの原因にパッキン劣化があります。

このパッキンはゴム製の部品で、ゴムは年数を重ねると柔軟性を失い水漏れの原因になりやすくなります。このパッキンは比較的安価なものなので早めに交換することで水漏れ被害も少なく修理費用も安く済ませることができます。この修理を業者に依頼することが面倒と思い放置したことで、その水漏れが壁や床などにも広がりカビなどの原因にもなりますし、最悪シロアリ被害の原因ともなります。そのため、修理を依頼した時には部屋全体をリフォームする必要があり、早めに修理依頼をすれば数千円で済んだ修理が数十万にもなってしまうことが起こってしまいます。

トイレ交換では便器だけでなく配管やタンク周辺の部品も劣化している可能性もあり、全体的な点検や交換が大切です。最近ではタンクレスタイプの商品も登場し、タンクが必要ないので故障する箇所も少ないといえます。多くのトイレの水漏れ原因がタンク周辺で起こっています。トイレ交換する際にタンクレスにすることで、このようなトラブルを減らすことが可能です。

トイレ交換する場合には最新のトイレ情報を確認しトラブルの少ないトイレにすることも大切です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *