子どもが不登校の時の相談

息子や娘が不登校になった場合誰に相談しますか。大きく分けて、親族、学校、学校外にわけられます。

まず、学校ですが、担任の先生、担任以外の先生、校長先生などの管理職などが考えられます。

不登校の原因を考える上で関係者と話をして状況を把握することは大切ですが、一方で、学校に行くことが当然であると考えている関係者がほとんどです。

特に学校は、子どもが学校に来ないということは学校に何か問題があることを認めているように感じて、子どもが学校に来ることで問題が解決すると思いがちです。

不登校の相談情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

実際、学校に戻そうとすることが解決の道のりだとは限りません。


他の選択肢も考えながら、子どもにとって最善の状況はどういうものかを考えて解決策を考える必要があります。

次に、親族への相談ですが、学校と同様に対面を守ろうと学校に戻らせようすることが多いでしょう。

これまでたいていの人が学校に通って卒業している経験から家にいることは怠けていることととらえる人も多いです。
実際はそうではなく、学校に行けない要因が複数絡み合っている状況に陥っていることが多いです。



それらを見極めるには身内は関係が近すぎます。


そう考えると、NPOや児童相談所、病院や市町の相談機関など、学校外へ不登校について相談することは客観的に状況をとらえ、学校に行くことの圧力をかけられることなく話ができます。



もしかすると家庭環境や家族を含む人間関係にも不登校の要因があるかもしれず、それを冷静にみつけてくれる可能性もあります。

学校との間を取り持ってくれたり、様々な専門機関との連携をしていることが多く、多様な人が関わり、多角的な視点から子どもの問題を考えてもらうことができます。


プライバシーの問題やそうした施設の多忙化、職員のアマチュア化などいろいろな問題もありますが、第3者としての視点は問題解決に大きな存在となりえます。