• おせち料理の一の重の意味について

    おせち料理とは、正月に食べる新年を祝う料理のことをいいます。
    おせちは、宮中行事として元旦に節会(せちえ)といわれる宴の中で、神様に供えた料理やふるまわれた料理をさして御節供(おせちく)といわれていたものが、江戸時代に庶民の間にも正月に宴をして料理をふるまう習慣が広まっていき、そしておせちくが略されておせちと表現されるようになったのです。
    この料理については重箱で盛り付けるものですが、それぞれの料理に意味があります。

    おせち情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

    一の重についてみていきましょう。



    祝肴として数の子や黒豆、たたきごぼうなどが、口取りとして、かまぼこ、伊達巻などが入れられています。
    まず数の子については、ニシンの卵であり二親から卵(子)がたくさんできるとして子孫繁栄をあらわすものとされています。



    そして、黒豆ですが、黒色が魔除けの色とされていることから、まめに働き健康であるようにという邪気を払い無病息災を祈る意味のあるものです。

    そしてたたきごぼうですが、ごぼうが地中深く根をはるので、家族や家業がその地に足をつけて安定してすごしていけるようにという願いをこめたものです。そして口取りですが、かまぼこは、かまぼこの形が半円で初日の出の象徴として入れられて、伊達巻については、巻物の形をしておりそれが学問や文化を象徴するものとして文化の発展、学問や習い事の成就を願うものです。このようにそれぞれの料理に由来や願いが込められているものであることから食する場合にはそのことに思いをはせて食べるとよいでしょう。